コーヒー豆の鮮度を守るための保存方法

 

コーヒー豆については個人の好みが大きいので一概にこれがいいという事は言えませんが、私なりのこだわりをいくつか上げる事はできます。

まず豆のこだわりですが、豆は生豆(焙煎する前のベージュっぽい色をした豆の事)を焙煎してからどれだけの時間が経過しているかと、焙煎してからどう保存したかがポイントだと思っています。

焙煎したコーヒー豆は時間とともに酸化していきます。酸化したコーヒー豆は酸味が強くなりすぎたりしてあまり美味しくありません。なのでコーヒー豆は焙煎後は密閉容器などでなるべく酸素に触れさせないように保存する必要があります。

また、密閉容器で保存しても、時間が経つと豆が劣化して風味が落ちます。豆を焙煎してからなるべく早くに飲む、あるいは焙煎後酸素に触れないように保存された豆を使う事が、私のこだわりです。

店によってはコーヒー豆を焙煎した日付を明記している所もあるので、そういう店を選ぶといいと思います。その場で焙煎してから豆を売ってくれるコーヒー屋さんもあるので、探してみるのもいいと思います。

コーヒー豆は豆の状態で売られているものとミルで挽いて粉の状態で売られているものがありますが、上記の酸化を気にする場合は豆の状態で買うのがオススメです。なぜかというと豆を挽くと空気と触れる部分が多くなるので酸化が早くなるからです。

豆の状態で購入し、豆の状態で保存して適宜必要量だけミルで引くのがオススメです。挽いた状態で購入する場合は焙煎した日やミルで挽いた日、保存状態を確認するといいと思います。

豆は冷蔵、冷凍での保存がいいですが、容器が密封されていないと、冷蔵庫内の匂いが豆に染み付いてしまうので、容器の密閉には特に気を配るといいと思います。