本格的なアイスコーヒーでコクと深みを楽しもう!

暑い時期になると、どこへ行ってもアイスコーヒーを頼んでしまう方は多いのではないでしょうか?私もついついカフェやコンビニで頼んでしまいます。でも、家でも冷たくて美味しいアイスコーヒーが飲みたいですよね。なるべく家にあるもので、簡単にアイスコーヒーを淹れることができる方法をご紹介したいと思います。

用意するものは、ガラスのコップ、大きめの氷、コーヒーの粉、コーヒードリッパーとフィルター、ドリップポット、お好みでミルクやガムシロップがあると良いかもしれません。

まず、ガラスのコップになるべくたくさんの氷を入れます。アツアツの珈琲が入ると溶けてしまうので、なるべくたくさん入れた方が良いと思います。次にお湯を沸かしてる間に、コップの上にドリッパーをセットして、コーヒーの粉を淹れます。入れたコーヒーは氷で薄まってしまうので、なるべく深煎りの物を選び、ホットで飲む時よりも多めに粉をいれます。

お湯が沸騰したら、少しだけコーヒーに注いで30秒から1分ほど蒸らします。この蒸らす時間によって味が少しずつ変わるので、自分好みの蒸らす時間が分かるともっと美味しく入れることができます。蒸らし終わったあと、ドリップポットからゆっくりと注いで、コーヒーを抽出していきます。なるべく、ドリップポットから入れるお湯の量と、下からぽたぽたと落ちる量が同じくらいだと、コクのあるコーヒーが出ると思います。コーヒーがグラスの8分目位になったら、ドリッパーを下ろして、軽くかき混ぜて完成です。

 自分で作ると少しだけ手間がかかってしまいますが、自分で入れたコーヒーはこの世で一杯だけの特別なコーヒーです。家でゆっくりしたいときに作ってみてはいかがでしょうか。